魅力が多いマーケティングオートメーション
ロゴ

マーケティングオートメーションのメリット!営業担当をフォロー

営業担当が思う大変な仕事

  • 名刺の管理
  • 打ち合わせのアポとり
  • お客に合わせた営業
  • メルマガなどの送信

営業の失敗ランキング

no.1

遅刻

営業の失敗で一番多かったのが遅刻です。一日に何件もの打ち合わせや外回りがある場合、時間通りにいかないこともしばしば。そうなると、後の予定が押してしまい、結果的にお客に迷惑をかけることもあるのです。どうにか、スムーズに仕事ができないかと考えている方は多いでしょう。

no.2

資料不足

資料がなければ、商談を順調に進めることができません。営業担当は、早くから膨大な資料を用意しなきゃいけないのです。しかし、時間がなかなか取れない中、焦って準備をすることも多く、後になって不足していることに気付くこともあるでしょう。

no.3

情報の共有

基本的に取引を担当している営業担当の情報が会社に共有されていない場合、失敗のリスクが高まってしまいます。失敗を防ぐためには、逐一報告を入れるようにしましょう。情報共有不足での失敗は3番目に多いのです。

no.4

説明が足りない

商談の際に、説明をしっかりと行わないと営業で失敗してしまうでしょう。商品に対する質問などにも応えられるようにしておきます。説明不足のせいで失敗してしまうことも少なくないのです。

no.5

情報管理不足

お客をたくさんもっていても、残念ながらそのすべてのお客が見込みのある方とは限りません。中には、見込みの薄いお客もいるのです。しかし、だからといって見込みの薄い方への営業に手を抜きすぎてしまうと、どんどん見込みの度合いは下がるばかりで、顧客満足度もあがりません。お客がどういった方なのか、どの程度興味を持ってくれているのかはしっかりと管理しておかないといけないのです。

魅力が多いマーケティングオートメーション

PCを操作する人

ミスを減らす

マーケティングオートメーションのメリットとして挙げられるのが、ミスを減らすことです。基本的にメールマガジン配信の送信先や配信日時のミスがなくなります。トラブルも回避できるでしょう。

活動の自動化

基本的にソーシャルメディアを使った既存のマーケティング活動を自動化できます。自動的にソーシャルメディアに情報を投稿できるようになるのです。ハウスリストの作成も可能でしょう。

見込客の絞込

基本的に顧客データの中から、見込客を見つけ出すことができます。これは、営業担当にとって嬉しいでしょう。見込客を見つけられれば効果的な営業ができるため、より受注件数も増えることが期待できますね。また、見込客のプロファイルに最適な情報を提供します。有望な見込客を絞り込むことができるのは大きいメリットです。