評判のいいクリニックで包茎手術を受けてみよう

子供扱いさせない

医者

日本人男性に多い包茎の問題

日本人男性の多くが包茎というものになっています。またこの包茎を気にしていない方もいますが、実際は自分の下半身が他の女性にからかわれたりするのを不快に感じることが多いので、包茎手術を受けようと考えている方もいます。包茎手術がどのように行なわれているのか知っておくと自分が行なう時に役立てることがあるでしょう。包茎手術は基本的に切る手術と止める手術の二種類に分けることができます。どちらの方法がいいのか自分の包茎の状況を医者と共に考えて選ぶといいですね。

包皮を切る包茎手術の紹介について

包茎手術の切るほうの手術というのは、包皮という皮の部分を切除するやり方になります。また、皮の切除になるため麻酔を用いた手術になり、入院が必要になるケースもあるので注意しましょう。この手術を行えば今後、皮を被ることがなくなるので包茎から抜け出すことができます。しかし、術後数週間はオナニーやセックスはできませんので注意しましょう。また、しばらくの間は包帯を巻いた状態での生活になりますので患部をしっかりと清潔に保つことが大事です。

包茎手術の固定する方法の紹介について

包茎手術で固定するほうなのですが、この方法は麻酔や手術は必要なく比較的簡単に行なうことのできるものになっています。方法としては皮と皮を接着剤や特殊な医療用の糸で固定することで包茎にならないようにするやり方です。ただ、この方法では時間が立つと糸や接着剤が外れてしまい、元の状態に戻る可能性もあるためその部分に関してデメリットといえるでしょう。どちらの方法がいいかというのは包茎の状況によって異なるので専門家に一度診せてから決めましょう。